宮本苑生

最新
閲覧順
コメント順
調布わくわくステーション2020年06月01日放送 宮本苑生監修「詩の世界」『曽我貢誠詩集 学校は飯を喰うところ』(音声)

曽我貢誠さんは長年、中学教師を務めて来られましたが、在職中の生徒たちとの交流を、退職後に詩集としてまとめたのが、この「学校は飯を喰うところ」です。現場の教師ならではの視点で生まれた詩集です。

調布わくわくステーション2020年04月06日放送 宮本苑生監修「詩の世界」『新川和江詩集より』(音声)

詩人新川和江さんは、創作の対象は多岐にわたりますが、難解な言葉は遣わず、女性の視点で様々な愛の形を歌っています。 「新川和江詩集」より、今回は親しみやすい作品を中心にお届けします。

調布わくわくステーション2020年03月02日放送 宮本苑生監修「詩の世界」 テーマ「家族」(音声)

今回のテーマは、「家族」渡辺陽子「つくし」「小春日和」「陽だまり」鈴木昌子「アリ地獄」(抜粋)「石ころになった長男」谷口典子「赤いリボン」「小銭入れ」宮本苑生「かきのき」を解説を交えて朗読します。

調布わくわくステーション2020年02月03日放送「宮本苑生詩の世界」朗読詩「るらるらる」=後編=(音声)

今回は、1月6日にお送りしたひらがなだけで書かれた詩「るらるらる」の後編ををおおくりします。

調布わくわくステーション2020年01月06日放送「宮本苑生詩の世界」朗読詩「るらるらる」(音声)

今回はひらがなだけで書かれた詩をおおくりします。

調布わくわくステーション2019年12月02日放送「宮本苑生詩の世界」朗読詩「へんしん」後編(音声)

宮本苑生詩の世界、今回は「へんしん」から3篇の作品の朗読をお届けします。

調布わくわくステーション2019年11月04日放送「宮本苑生詩の世界」朗読詩「へんしん」(音声)

宮本苑生詩の世界、今回は「へんしん」から8篇の作品の朗読をお届けします。

調布わくわくステーション2019年10月07日放送朗読宮本苑生詩「あの青」(音声)

宮本苑生の処女詩集「あの青」の中から、タイトル「あの青」のフレーズを含む「砂時計」を初め「作法」、「カラスの朝食」、「明るい午後」など10篇を抜粋してお届けします。強烈な言葉を使ったり、比喩的言葉を使ったり、のちの「わた …もっと見る »

調布わくわくステーション2019年08月12日放送 朗読宮本苑生詩の世界「わたし猫ですわ」第4回(音声)

朗読「宮本苑生詩の世界」「わたし猫ですわ」の第4回をお届けします。メスのノラ猫クロを中心にした猫たちの目線で捉えた日常を、猫たちが語り合う形で進む超短編連載詩物語。(朗読:あきのめぐみ)

調布わくわくステーション2019年08月05日放送 朗読宮本苑生詩の世界「わたし猫ですわ」第3回(音声)

朗読「宮本苑生詩の世界」「わたし猫ですわ」の第3回をお届けします。メスのノラ猫クロを中心にした猫たちの目線で捉えた日常を、猫たちが語り合う形で進む超短編連載詩物語。(朗読:あきのめぐみ)