最新
閲覧順
コメント順
調布わくわくステーション2019年10月07日放送朗読宮本苑生詩「あの青」(音声)

宮本苑生の処女詩集「あの青」の中から、タイトル「あの青」のフレーズを含む「砂時計」を初め「作法」、「カラスの朝食」、「明るい午後」など10篇を抜粋してお届けします。強烈な言葉を使ったり、比喩的言葉を使ったり、のちの「わたし猫ですわ」につながる作品もある詩集です。(朗読:柴田紀恵子)

【キャッチ2019年10月第1回放送分】ラグビーパブリックビューイング~日本対南アフリカ戦~+第110回調布市美術協会展+パラグアイオニバスに乗ろう!

ラグビーワールドカップ開幕前の96日、最後のテストマッチ対南アフリカ戦のパブリックビューイングが調布駅前広場で行われました。本戦のパブリックビューイングさながらのセキュリティーチェックやブース設営で行われた会場には多くの市民を初めとした観戦者が集い、スタジアムの中にいる様な熱気にあふれていました。その様子をご覧ください。併せて協会創立60周年記念、110回調布市美術協会展の様子と、831日に神代植物公園で行われた、パラグアイオニバスに乗ろう!の可愛い子供の様子をご覧ください

ラグビーパブリックビューイング~日本対南アフリカ戦~

ラグビーワールドカップ開幕前の96日、最後のテストマッチ対南アフリカ戦のパブリックビューイングが調布駅前広場で行われました。本戦のパブリックビューイングさながらのセキュリティーチェックやブース設営で行われた会場には多くの市民を初めとした観戦者に集い、スタジアムの中にいる様な熱気にあふれていました。その様子をご覧ください。

第110回調布市美術協会展

調布市美術協会は創立60周年を迎え記念展、第110回調布市美術協会展が92日から8日にかけて、調布市文化会館たづくり2階ギャラリーで開催されました。アマ・プロの区別なく絵を好み制作に携わっている市民の作品99が展示され訪れた人の足を引き止めていました。

パラグアイオニバスに乗ろう!

神代植物公園には、葉の直径が直径約1.5mから2mにもなるパラグアイオニバスが毎年夏に花開き葉を広げます。この葉の上に乗ることができ、今年も大勢の子どもたちがチャレンジしました。緊張しながらも、お父さんお母さんの声に応え、にっこりカメラに収まる様子をご覧ください。

調布わくわくステーション2019年09月23日放送 調布市美術協会会長有川和子さん<後編>(音声)

第110回調布市美術協会展が9月2日から8日まで、調布市文化会館たづくり南北画廊で開催されていました。その調布市美術協会会長有川和子さんをお迎えしてお話を伺いました。その後編をお届けします。

調布わくわくステーション2019年09月23日放送 調布市美術協会会長有川和子さん<後編>(映像)

第110回調布市美術協会展が9月2日から8日まで、調布市文化会館たづくり南北画廊で開催されていました。その調布市美術協会会長有川和子さんをお迎えしてお話を伺いました。その後編をお届けします。